読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コロニー落とし

やったこととか考えたことを投下するブログ。

アフィロックライブ #1スクリーンのむこう

どうも!がんだむです!!!

アフィロックも間近となり、怒涛のコンテンツ投入がされていますね!

僕自身もめちゃくちゃ楽しみにしていますが、

ツイッターやブログからたくさんの方たちが楽しみにしているのが伝わってきます。

 

アフィロックの最終ゴールは、

広告主さんも、ASPさんも、来場者さんも、運営も

みんなが「来てよかったよね、やってよかったね」

と思えることと、「安全にできること」です。

 

今日も公式ブログでこちらが公開されましたが、

www.affirock.com

下の方にある禁止行為だけはお気を付け下さいねw

これは僕の個人的な意見なのですが、

運営も僕たちと同じアフィリエイターですので、

優しくしてあげてくださいねwww

寛大なお心で生温かく見守って頂ければと思います。

アフィロックとスクリーンのむこう

アフィロックライブの為の楽曲で、最も時間が掛かったのがスクリーンのむこうです。

こちらの記事でも書いた通り、この曲は7年前に次男である神田ジョンが完成させています。

当時の楽曲のメロディもめちゃくちゃ好きでした。

 

ただ、弟にとってはつらい時期でもあったと思います。

挫折もあり不遇でもあり、この曲は日の目を浴びることはありませんでした。

それをあくまで僕個人が、もったいないというか、いつかこのメロディをたくさんの方

に聞いてもらいたい、知らしめたいと思っていました。

 

アフィロックのコンセプトやテーマが決まった時、

何とかアフィロックテーマの曲を残せないかと思った時、

原曲のメロディと歌詞を思い出し、バシっとはまる!と思いました。

 

スクリーンのむこうは、アフィロックをテーマとして、

作られた楽曲です。

 

アフィロックのコンセプトは『祭』ですが、

テーマとして出会いで人生が変わる」「人生が変わる出会いを」

というものが当てられました。

 

 僕自身がそうだったからかもしれませんが、今の現状や自分に満足していなくても、

ムリに自分だけ頑張るとか、自分を無理に変えようとしなくても 良いんじゃないかなって。

それで、誰かの力を借りたって、誰かに引っ張り上げてもらってもいいんじゃないかって

肯定の歌なんです。そうやって人間って自分で歩けるようになってもいいんじゃないかなって。

 

僕にとっても、人との出会いが人生のターニングポイントになってきたのは明らかで、

僕自身成長はすれど、もしかしたら根本的な部分は何も変わっていないかもしれないけ

ど、それでも一緒に居てくれたり僕のことを受け入れてくれている人たちが、少なから

ずいるということはわかるようになりました。

 スクリーンのむこうのメッセージ

この曲は、最後一見悲しいような感じに思えてしまうところもあるのですが、

「今」というもののスパンは 捉え方次第で、 僕たちの一生に匹敵するものでもあるのかなと。

全てが有限であるのは自明の理で、 だからこそ、今を大切に生きていきたいよねと。

それを感じるとき、何かいろんなものが 羽のように軽くなる気がするんです。

 

アフィロックのイベントでは、 ぼっちバーというスペースがあります。

1人で意を決して来場される方も少なくないはずです。 僕も昔そうでしたが、

アフィリについてアツく語ったり、飲んだりできる人を見つけたいという方もいると思います。

自分にとっての初めてのチャレンジと言うのは、とても勇気のいることですが、

広告主さん、ASPさん、来場者さん、運営、この「アフィロックメンバー」に引っ張ら

れ引っ張りつつで良いと思うんですよね。

 

アフィロックに来場される方々にとって、まさに人生を変えるターニングポイントになってほしいという願いがあります。

スクリーンのむこう

http://af0001.xsrv.jp/screennomukou.jpg